2016年

6月

15日

タッチケアで癒しホルモン、オキシトシン!

 先日TVで放送された、今注目の癒しホルモン

『オキシトシン』痛み&認知症に効く!『癒しホルモン』の驚きパワー!と言うテーマでタッチケアの素晴らしさが伝えられました。私達セラピストが実践しているアロマケアの有効性を再確認できた内容でした。TVでも言われていた、

・ゆっくり触れる

・触れる面積を大きくする

は、いつも施術中に心がけている事。

また、

・安心信頼できる人との触合いはより効果が高い。とも言われてました。

ソーシャルアロマセラピスト講座でも受講生の皆さんにお伝えしているのが、ご家庭でのホームケア!子どもたちとの触れ合い、おじいちゃん、おばあちゃんへの介護を通したアロママッサージ!みんなが笑顔になれる時間にもなります。

 

番組中では、

★高血圧の方に背中ケア(10分間)を3回行ったところ血圧が下がった

★リウマチで歩くのが苦痛な方へのケアで見違えるように歩けるようになられた

★認知症の方にハンドケアを実施したところ徘徊がなくなり行動が変わった

★原因不明の痛みが消えた

          等の事例も紹介されていました。

そして何よりオキシトシンは触れる側にも分泌されるそうです!

してあげているつもりが、してもらっている!自然にお互いのケアになっているタッチケア!

いいですね!

お客さまからのオキシトシンを感じながら、これからも施術、頑張りまーす!

 

 

                       資料:ミュゼ(お知らせ 2016年6月)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー